概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
お菓子教室なら東京文京区千石のシェ・ミリュー

暑い日でも作れるグレープフルーツタルト・生地編

女性が大好きなフルーツタルト♪
これを美味しく作るのが意外と難しいのです。
特に暑い季節は、タルト生地がダレてしまってきれいに敷きこめません。
すると必然的に使う打ち粉が多くなってしまって、生地が硬くなってしまいます。
私もコルドン時代は「瓦せんべい」みたいなタルトを作ってましたから^^
そこでスイーツ作り経験が浅くてもバレない4つのポイントをお伝えします。

 

・タルト型をあえて使わない。
・カスタードクリームをあえて作らず、さっぱりと。
・洋酒入りシロップをたっぷり打って大人味に。
・材料に変化をもたせて!
そうするとこんなタルトができあがります。
グレープフルーツタルト
ではまず基本のタルト生地を仕込みます
(セルクル12~15センチ)
タルト生地
バター(常温。有塩でもOK)   60g
粉砂糖                40g
卵 (常温)             20g
アーモンドパウダー        14g
小麦粉(フランス粉)       100g
塩               ひとつまみ
タルト材料
タルト作り方

1:バターを常温に戻し、軽く練りほぐす(空気は入れないように!)

タルト作り方

2粉砂糖をふるい入れ、よく混ぜる。(空気は入れない)

タルト作り方
3:卵を溶いて、塩を加えたものを少しずつ加えて混ぜる。(やっぱり空気は入れないように!)
※混ぜる都度、乳化できているか(分離していないか)確認してください。
タルト作り方

4:小麦粉をふるって入れ、混ぜます(練らないように、粉にバターの水分を吸わせる感じで)

小麦粉はこだわるなら「フランス粉」が扱いやすくおすすめです。

タルト作り方

なるべく捏ねないようにして一つにまとめます

タルト作り方
ラップに包んで、生地が硬くなるまで冷蔵庫で寝かせます。(最低30分)
一晩休ませた方が伸ばしやすくなります。

まずはここまで仕込んでおきます。
長期冷凍保存も可能ですので、お暇なときに作り置きしておけばささっとつくれてかっこいいですね!
次回へ続きます!
この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします!
Copyrighit(C)2018ChezMilieux Co,Ltd All Righits Reserved.