概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
お菓子教室なら東京文京区千石のシェ・ミリュー

お菓子のレシピで、アレルギーや材料が手に入らない時などの代用品や配合の変え方その2。粉類や凝固剤について考えます。

レシピはあまり勝手に変えないほうが良いのですが、アレルギーやその素材が入手困難な場合に代替できる方法をお伝えします。まずはバター編。

レシピ本の通りに作っているはずなのにどうしてもうまくいかない時ってありませんか??その理由にはこんなこともあるかもしれません?

ゼラチンは板と粉とどちらを使えばよいのか?という質問が多いので、それぞれの使い方をお伝えします。

美味しいけど、なかなかのいいお値段のプラリネペーストは、少量なら自分で作ってしまいましょう!しかも手作りの方が断然風味が良くておいしいのです!!

パンナコッタやムースなどが2層に分かれてしまったことはありませんか??基本的なパンナコッタのレシピのご紹介と、解決方法をお伝えいたします。

ゼラチン・寒天・アガーのそれぞれの特性を知っておくと、お菓子やお料理の食感を変えることが出来たりと何かと便利ですよ!

つやつやとフルーツを美味しそうに見せるナパージュ(グラッサージュ)!インスタ映えはもちろん、フルーツの乾燥を防ぐためにも塗ったほうが良いのです。 でも少しのフルーツにグラッサージュを1瓶買うのはちょっと。。。 そんな時に使える配合です!

アガーって?使ったことない方も多いのでは??代わりにゼラチンではダメなのでしょうか? アガーの特徴をお伝えします。

日本に古くからある寒天ですが、案外使ったことのない方も多いのでは?? 寒天ならではの特徴と、お菓子への利用の仕方をお伝えします。

さらに表示する

Copyrighit(C)2018ChezMilieux Co,Ltd All Righits Reserved.