概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
お菓子教室なら東京文京区千石のシェ・ミリュー

レシピを変えたい時1バター

実はあまりレシピはいじらないほうが良いですが

アレルギーがあったり、近くに製菓材料店がなく購入困難だったり
売り切れていて手に入らない!!
など様々な理由があるとおもいますので
代替OKな場合を考えていこうと思います!

1:バター

一時期、バターがお店から無くなり困った方も多いのではないでしょうか??
でもお菓子によっては
バターでなくても良いのでは??と思われるものも結構あります。
お菓子作り
その前にバターでなくては駄目なものから
バターの風味を楽しむお菓子⇒パイ生地、クッキー、風味の強いスポンジ、カスタードクリームの仕上げ
常温で固形であることや伸展性を利用したもの⇒バタークリーム、バターの配合率が多いクッキー生地やタルト生地
(※伸展性とはバターをたたいたりすると伸びたり薄く広げたりできることです。)
バター

ということは、

 

・バターの風味が少なくても良い!
・配合中でバターの量が少ない!
・軽い風味をだしたい!
・レシピが「溶かしバター」となっている
このようなお菓子でしたら他の油脂でも出来る可能性が高いです。
例えば・・・
パウンドケーキ
パウンドケーキの作り方で一般的に良く知られているのは、やわらかいバターを撹拌する(シュガーバッター法。固形のクリームに空気を含ませる)方法だと思いますが
バターを溶かして作る方法もあります。ベーキングパウダーでふくらますのです。
それでしたら、他のオイルでも代替可能になります。
オリーブオイルだと味が青臭く強いので不向きですが(日が経つと臭いが減ることもあります)
ココナッツオイルなら風味も良いですしね~
太白ごま油でも出来ます。
スポンジケーキ

バター以外の油脂で代替可能なお菓子は?


・シュー生地
・スポンジ生地(軽い風味にしたいとき、焼き上がり生地をやわらかくしたいとき)
・あっさりめのクレープ生地
・バターの配合が少なく粉の量が多いクッキー生地、タルト生地
・シフォンケーキ(その昔は油脂は入らなかったそうです。)
※レシピ内のバターの分量が少ない場合はむしろ「油脂を入れない」という選択肢もありです。
風味は落ちますが、カロリーを気にする方や食事制限がある方には有効と思います。
バターの代替品としては油脂以外にも
クリームチーズやヨーグルト、プルーンなどを使用する方法もあります。
次回に続きます
この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします!
Copyrighit(C)2018ChezMilieux Co,Ltd All Righits Reserved.