概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
お菓子教室なら東京文京区千石のシェ・ミリュー

ジェノワーズ(スポンジケーキ)でやりがちな失敗

生徒さんがよくやりがちな失敗をご紹介いたしますね。
計量ミス
・測りによっては、風圧だけで重さが出るものもあるので注意しましょう。
中には本当に適当に計測なさる方もいらっしゃいます・・・
多少の差ならば、出来るにはできるんですけど美味しくはないかもですよ!!

0,1g単位で量れると便利です↑画像をクリックすると富澤商店のサイトに飛びます。

卵に砂糖を加えたまま放置
・砂糖を加えたら、早く混ぜないと砂糖がガチガチに固まってしまいます。
無理やり泡立てても砂糖の粒が残って、じゃりじゃりいうスポンジが出来上がる可能性が高いです。
ジェノワーズ
卵液を湯煎にかけたまま放置。または湯煎の温度が高すぎる(湯煎使用の場合)
・縁が固まってしまい、そぼろ入りのスポンジになってしまいます。
泡のボリュームが足りない
・ハンドミキサーを中速にしてからは、ボウルを斜めにしてホイッパー部分が完全に液に浸るようにしましょう。そうすることで、空気の取り込み量が上がります。
ジェノワーズ泡立て
小麦粉やバターを入れて混ぜ終わった後、いつまでも生地をいじくり回している
・これが本当に多いのです!!泡はなるべく消さないようにしましょう!

型に生地を流し入れた時、底から小麦粉が出てきた!

・粉が沈みやすいので底面を意識しながら、すくい上げるように混ぜるようにしましょう。
ジェノワーズ
バターを加えるとき、生地を混ぜすぎて泡のボリュームが減ってしまった。
・少量の生地をバターに混ぜるときに、完全に混ざっていない。
・溶かしバターが冷えていると混ざりにくいです。
↓もう一度、生地の混ぜ方をおさらい
焼きあがった生地がぼそぼそしている。
・ハンドミキサーで中速のあと、低速で回していないか、時間が短すぎる。
・焼きあがった後、天板の上で放置していた。
・混ぜ方が悪く、泡をつぶしてしまっている。
・いつまでも生地をいじっていて、泡が消えてしまった
・オーブンの温度が低い(180度が標準。オーブンによっては実際には180度に達していないこともあります)
 
キメの細かい程よいボリュームの泡を無駄につぶさずに混ぜきる
これだけのことなのですが、難しいですね。
この記事がお役に立ちましたらぽちっとお願いいたします! にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ こちらもお願いします↓↓
Copyrighit(C)2017ChezMilieux Co,Ltd All Righits Reserved.